ツマラナイ男に貸したお金はやはり返済されず逃走

今すぐどうしてもお金が欲しいときに必ず借りれるところ

ツマラナイ男に貸したお金はやはり返済されず逃走

#私が20代半ばの頃の出来事でした。

 

当時、ローン返済のため、キャバクラでバイトをしていました。

 その時に客として来ていた男に気に入られ、来るたびに指名されました。

 

ある日、その男(M)が私に「店を辞めて俺と付き合おう」と言ってきました。

私はヘルプとして席に着くことが多いため売り上げが上がらず、店長にクビ宣告されていました。

もともと本業でOLをしていたので、そのまま辞めさせてもらいました。

 Mとは毎週末に必ずデートをし、当時はそれなりに楽しかったんだと思いました。

 

ところがある日、「店の売り上げが盗まれたから、1万でいいから貸してくれ」というので、1万円を手渡しました。

それでも週末には会いに来てくれましたが、会うごとに5万円、10万円と額が増えていました。

総額60万円を渡し、手元に残った金がなくなると、Mは私の前から姿を消しました。

 

ある日、Mと同居をしていたという中年の男(K)が私に会いに来ました。

KもMに騙されたらしく、Kは数百万円単位だったというので、ともに警察に被害届を出しました。

さらに驚いたことに、Mは偽名を使用していたとのこと。

 

初めて本名(あとからそれも偽名だったらしい)と出身地、職業が分かったのですが、Mは私に「飲食店の店長」と偽っていたですが、実は露天商。ウソにウソを重ねていたのです。

結局被害届は無駄になり、総額60万円も戻ってきませんでした。

 

お金は人に貸したら戻ってこないと思った方がよいと、子どもが大きくなったらそう言い聞かせます。


ホーム