今すぐどうしてもお金が欲しいときに必ず借りれるところ

今すぐどうしてもお金が欲しいときに必ず借りれるところ

身近な人に気軽にお金を借りる人は思いやりという想像力が足りない

よく家族や友達に気軽にお金を借りる人がいますが、これはどうなんでしょうかね。

借りたお金はいつもきちんと返しているとしても、お金を貸す方としてはあまり良い気分がするものではありません。

銀行などお金を貸すことを商売にしている人達なら、お金を貸すことで、お金が増えるという見返りがあるので喜んで貸してくれるかもしれませんが、普通の友人関係や家族間でのお金の貸し借りは、見返りなど求めないことが多いので、お金を貸す側としてはやはりお金をなくしてしまうかもしれないという不安の方が大きいですよね。

お金を借りる人たちは、お金を貸してくれる人たちのそういう複雑な気分を理解せずに、何も考えず無邪気にお金を腐心しにきてるようにも思えます。

お金は借りるよりもお金を貸す方が、いろいろ悩んでしまって考えてしまってストレスになってしまいます。
今すぐお金を借りたいという人たちはそれなりに切羽詰まった事情があったりしますからね。

お金を借りたことは忘れるが、お金を貸したことは忘れない

貸したお金を借りた人がきちんと覚えていて、きちんと期日までに返済してくれれば良いのですが、なかには、借りた金額が少なかったこともあって、お金を借りていたことすら忘れてしまっていつまでたっても返済してくれないなんてことがあります。

お金を貸した側というのは、お金を貸したという事実はよほどのことがない限り忘れないものです。

お金を借りた人がなかなかお金を返してくれないとなると、お金を返すように請求しないといけません。

家族ならまだバシっと「早くお金を返しなさい」と言えるんでしょうか、友達や恋人にお金を貸している場合は、なかなか強く言えなかったりします。

そんなこんなでお金を借りた方が、お金のこと忘れて無邪気にいろいろやっている間にお金を貸した側というのは、あれこれとやきもきと考えてしまってストレスをためるんですよね。

だからお金は借りた人よりもお金を貸す人の方がストレスを本当にためてしまうんです。

金融業を営む人たちが利息を請求するのは、こういうストレスに対する対価みたいなものかもしれませんね。


ホーム